高学歴ニートの実態

現在のニートの傾向として、高い学歴があっても生かせずにニートになってしまっている人、いわゆる「高学歴ニート」と呼ばれる人達が増えています。

皆さんはご存知ですか??

これは日本だけではなく、世界的な不況の影響で、中国や韓国など世界的に急増している現象なのです。

なぜ、このような人達が増えているのでしょうか?

面接だけでは、コミュニケーションスキルを見ることはできません。

コミュニケーションスキルが低いのに、偏差値の高さだけで採用してしまう企業もあります。

また偏差値が高い人達はプライドも高いため、仕事を選んでしまい、なかなか就職に付くことができないという傾向があります。

これは、ニュースにもなっていました。

また高学歴ニートにはハングリー精神が乏しいことも原因の一つです。

もちろん例外もありますが、裕福で子供の教育に関心が高く過保護で過干渉な家庭は、親の熱心な教育によって学力を上げ、高学歴を身につけることができます。

それまでの人生で苦労をしたことがありません。のため大変な思いをしてまで働こうという意欲がないのです。

いまのゆとり世代にはありがちなパターンですね。

他国に比べて日本ではこのような親が珍しくありません。

高学歴であっても社会で活かさなければ意味はなく、いつまでも自立ができなければ親も子供も不幸です。

今後の若者と日本の将来のために、高学歴ニートの能力や意欲を有功に発揮できる会社作り、コミュニケーション能力が求められるているのです。

いつまでも親は傍にいてくれるわけではないのです。

自分たちの手で新しい未来を築いていこうではありませんか。

勇気を振り絞って、面接を受けてください。と、私は言いたいですね。

誰も「将来の夢はニートになることです」なんて夢を持っているわけではありません。

そして、誰がニートになる自分を想像できたでしょうか?

子供のときの自分は、今の自分を見てどう思うのでしょうか?

 

 

でも、残念ですが、今の世の中、誰もがすぐにニート・ひきこもりに陥ってしまいます。

ニートがかっこいいと思っている人もいます。

仕事は、さがせばいくらでもある。求人募集は転がっています。

しかし、今日まで会社勤めをしても、突然明日リストラなんてことはしょっちゅうです。

そして、明後日からひきこもりの生活…。

これが、今の時代の流れです。社会が悪いともいえます。

働かないから悪いわけではないのです。今の世の中がおかしいのです。

しかし、このおかしな世の中にうまく付き合っていかなければならないのも、受け入れなければいけない事実なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>